名古屋の旅 ⑦名古屋城&徳川園

2018.04.18 (Wed)
1月4日 名古屋市内巡り

名古屋城
慶長17年(1612年)、徳川家康により築城された。


東門から入城した。

1P1048939.jpg
東南隅櫓(とうなんすみやぐら) 石落としを設けた武器庫

2P1048957.jpg
天守 昭和20年戦災で焼失し、昭和34年(1959年)に再建された 地上7階 地下1階

3P1048954.jpg

二度と焼失することがないようにという願いから鉄筋コンクリート造り。
だが、近々木造で再建されることになるそうだ。

4P1048951.jpg
金のシャチ 徳川家の権力の象徴で火除けでもあった。
左右で多少の違いはあるが、高さ2.6m 重さ1200㎏ 金量(18金)44kg 

5P1048955.jpg
天守閣からの眺め

メーグル(市内バス)に乗って、徳川園
元禄8年(1695年)二代藩主 徳川光友が隠居所として建てた

6P1048960.jpg
徳川園黒門   奥に見えるのは 徳川美術館

7P1048968.jpg
龍仙湖越しの観仙楼(レストラン ショップ)

8P1048971.jpg
冬牡丹

手入れの行き届いた広大な園内は、都会とは思えない静かさで、穏やかな冬の日差しの中、
新年になって初めてゆっくりとした時を過ごしました。





スポンサーサイト

名古屋の旅 ⑥出会い

2018.04.11 (Wed)
P1038932.jpg

「救いの神様」に出会ったお話。

てんてこ祭は終わった。
さて、どうやって名古屋へ帰ろうか?
朝来た駅へは戻れない。だって、無人駅で駅前は畑。話を聞こうにも人っ子一人いない。

地元の方々らしきグループに聞いてみた。
「名古屋方面行の、有人駅にはどうやって行ったらいいですか。」
「西尾駅まで車で送ってあげるよ」と中年のおじ様。
「えっ ほんと。嬉しい。でも・・・」
「いいから、いいから。お安い御用。その前に見せたいものがある。」

というわけで、いわせ花園のオーナーの岩瀬さんの
ビニールハウスへ立ち寄った。
中は開花前のカーネーションのつぼみがびっしり。
主に中京、近畿地方に出荷しているが、全国遠方からのお得意さんも多いとのこと。
命をかけてカーネーション栽培に励んでいることが強く感じられて、感動した。

駅までの道すがら、岩瀬さんは地域の暮らしのこと、近隣の名所などについてたくさん話してくださった。
西尾駅は急行も停車する大きな駅だった。
「一人旅なんだから、道中くれぐれも気をつけて、わからないことがあったら確かめるんですよ。」
と、まるでお母さんを気遣うように優しくおっしゃってくださった。
胸が熱くなった。感謝の気持ちでいっぱいになった。

「神様だ。救いの神様に違いない。」

お祭りの人混みで、一言道を尋ねた見ず知らずの私に、こんなに親切にしてくださる方は
神様に違いない。
またしても「素晴らしい出会」。
私はほんとうに運が強い。いつでもどこでも困ったとき、必ず誰かが手を差し伸べて助けてくださる。
ただ私を助けたいの一心で、労をいとわず力を貸してくださる。
私も困っているひとに出会ったら、一生懸命にお助けするようにしたい。
そうすることがご恩返しだと思うので。

帰路は名古屋に直行せずに、三河線、豊田線、地下鉄八事線と遠回りして乗りテツしました。
車窓に広がる豊な田園風景を追いながら、「あぁ 今日もいい日だった」と心底思いました。



名古屋の旅 ⑤てんてこ祭

2018.04.04 (Wed)
1月3日 午後

有松を後に、名古屋本線「知立」で乗り換え、西尾線「福地」で下車。

「てんてこ祭」を見に行く。

1P1038874.jpg
千年以上も前から行われていた神事が、豊年祭として続いている。
行列は先駆、神職、社守、町内役員、その後ろに赤い装束の役男たち。

tent2.jpg
てんてこ祭の花形は役男たち。
先頭は「太鼓をたたく人」。 2番目が「飯びつを担ぐ人」。
その後ろに「茶樽となますと生魚を担ぐ人」が二人。 最後に「竹箒を持つ人」が三人。

tent4.jpg

tente3.jpg
この祭、「天下の奇祭」といわれるユニークなお祭りで。
役男の腰に大根で作った「男根」が巻き付けられていて、「てんてこてん」と鳴り渡る太鼓の音に合わせて腰を振り、
象徴を躍らせながら町内を練り歩く。

tent5.jpg
初詣を終えた大勢の人々が、行列の到着を待っている。

7P1038903.jpg
鳥居をくぐって神殿へ向かう。

9P1038918.jpg
田づくりの施肥の藁灰が撒かれる。

10P1038920.jpg
藁灰をかぶると魔除けになる。

8P1038924.jpg
神事に参列。

11DSC_0720.jpg
神事が終わって「餅投げ」
初めに小さい子供たちが前列に並んで、お菓子が全員に行きわたるようにもらう。
次に大人たちへ餅投げ。大きい餅の包みが勢いよく飛んできて、それに興じる人々の熱気が怖いほどだった。

こうして「てんてこ祭」は滞りなく終わりました。
さて、帰りはどうすればいいのかな・・・とここで「素晴らし出会い」がありました。
次号で掲載します。

2月2日に腰椎圧迫骨折して、生活全般に支障があり、ブログの更新ができませんでした。
2か月経過してようやく再開となりました。今後ともよろしくお願いいたします。




名古屋の旅 ④有松

2018.01.24 (Wed)
1月3日  絞り染めの郷「有松」へ。
名古屋本線「名鉄名古屋」➡➡各停国府行き「有松」下車。

4P1038849.jpg

「有松」は東海道五十三次40番目の「鳴海宿」の傍にできた宿場町。
有松絞りは徳川時代初期、尾張藩の特産品として発展した。

2P1038822.jpg
200年の歴史を残した町並みが保存されている。

3P1038846.jpg
戸口に置かれていた。これ何というものだろう。

5DSC_0693.jpg
「有松・鳴海絞り会館」  この地独特の絞り文化の保存と発展のために建てられた。
数多くの作品展示見学を期待して行ったのだが、お正月休みだった。

6P1038825.jpg
「服部邸」 愛知県指定文化財。都市景観重要建築物
江戸末期の建造で広い大屋敷。このような豪商の建物が多く現存する。
町中お正月休みだったが、服部邸だけが有松絞りの展示販売をしていた。


7P1038840.jpg

有松絞り
江戸時代初期(1608年)に始められた。旅人が土産に買い求め名産品となり、尾張藩も保護し繁栄した。
北斎や広重の浮世絵にも描かれている。
400年の歴史を持つ伝統工芸は、90%のシェアを保っている。

9DSC_0697.jpg

10DSC_0698.jpg
ほれぼれするような作品ぞろい。みんな欲しくなったが、ガーゼのロング手拭を撮影時用に買った。

午前の観光を終え、この後「てんてこ祭」を見に行く。







名古屋の旅 ③犬山城

2018.01.21 (Sun)
1月2日 犬山城へ。
名鉄犬山線で「犬山遊園」下車。最後の石段を上ると見えてきた。
1537年、織田信康(信長の叔父)が築城。

1P1028773.jpg

2P1028775.jpg
天守閣 日本最古 国宝
小さい天守閣だ。今まで訪れたなかで最小か。しかし内部は質素だが頑丈な造り。
階段が急で、昇降にはさぞ骨が折れたことだろうと思った。

3DSC_0673.jpg
天守閣からの眺め。

4DSC_0669.jpg
木曽川と濃尾平野

城下には小さな寺社がたくさんあった。

5P1028782.jpg

6P1028772.jpg

犬山城下町
江戸時代を再現した歴史的建造物が立ち並ぶ。
展示館や資料館、伝統民芸品店やレストランなどに、多くの観光客が集まり賑わっていた。

7P1028796.jpg

8P1028798.jpg

P1028803.jpg
漬物屋

10P1028802.jpg
「守口大根」の味噌おでん。「名物に旨いものあり」だった。

さて、名古屋の旅の目的が「名鉄の乗りテツ&撮りテツ」なのだ。
そこで名鉄路線図(略図)。 正式なものは小さくできない。

rosenzu

ホテルはJR名古屋駅そばの「東横イン」

「2018 迎春1DAY フリーきっぷ」で 「乗り鉄」開始。1700円で名鉄全線フリー
三が日のみ有効。年末で販売は終わり。


① 名鉄名古屋本線 「名鉄名古屋」➡➡犬山線新鵜沼行き 「犬山遊園」下車➡➡徒歩犬山城 犬山城下町

② 弘見線新可児行き 「犬山」➡➡「新可児」 折り返し 犬山経由 「新鵜沼」 乗り換え

③ 各務原線名鉄岐阜行 「新鵜沼」➡➡「名鉄岐阜」下車 バスとロープウエイを乗り継ぎ(この間有料)
 
「岐阜城」
ロープウェイを降りて、石段を登った。数えきれないほど多くの。300段も400段も、もしかしたらもっとたくさん。

12DSC_0680.jpg
突如岐阜城天守閣が現れた。

ここで終わりにして引き返した。上り坂はまだまだ続いていた。疲れた。
4時近くになっていた。このまま進めば帰り道は暗くなり、ロープウェイもなくなる。
とても残念だが諦めも肝心と納得して、岐阜城へ行くのを止めた。

そして、乗りテツ続行

④ 名古屋本線「名鉄岐阜」➡➡「一宮」 乗り換え 
⑤ 尾西線「津島]➡➡津島線「須ケ口」 乗り換え
⑥ 名古屋本線「須ケ口」➡➡「名鉄名古屋」 帰着。

乗った、乗った。充分乗った。
でもその割には感動は少なかった。
窓外の景色は取り立てていうほどのこともなかったし、車体も特記するようなものに見えなかった。
それでも路線図を見ながら、読み方もわからない駅を通過するのは面白かった。


 

Category: | Comment(2) | Trackback(0)
back-to-top