スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名古屋の旅 ③犬山城

2018.01.21 (Sun)
1月2日 犬山城へ。
名鉄犬山線で「犬山遊園」下車。最後の石段を上ると見えてきた。
1537年、織田信康(信長の叔父)が築城。

1P1028773.jpg

2P1028775.jpg
天守閣 日本最古 国宝
小さい天守閣だ。今まで訪れたなかで最小か。しかし内部は質素だが頑丈な造り。
階段が急で、昇降にはさぞ骨が折れたことだろうと思った。

3DSC_0673.jpg
天守閣からの眺め。

4DSC_0669.jpg
木曽川と濃尾平野

城下には小さな寺社がたくさんあった。

5P1028782.jpg

6P1028772.jpg

犬山城下町
江戸時代を再現した歴史的建造物が立ち並ぶ。
展示館や資料館、伝統民芸品店やレストランなどに、多くの観光客が集まり賑わっていた。

7P1028796.jpg

8P1028798.jpg

P1028803.jpg
漬物屋

10P1028802.jpg
「守口大根」の味噌おでん。「名物に旨いものあり」だった。

さて、名古屋の旅の目的が「名鉄の乗りテツ&撮りテツ」なのだ。
そこで名鉄路線図(略図)。 正式なものは小さくできない。

rosenzu

ホテルはJR名古屋駅そばの「東横イン」

「2018 迎春1DAY フリーきっぷ」で 「乗り鉄」開始。1700円で名鉄全線フリー
三が日のみ有効。年末で販売は終わり。


① 名鉄名古屋本線 「名鉄名古屋」➡➡犬山線新鵜沼行き 「犬山遊園」下車➡➡徒歩犬山城 犬山城下町

② 弘見線新可児行き 「犬山」➡➡「新可児」 折り返し 犬山経由 「新鵜沼」 乗り換え

③ 各務原線名鉄岐阜行 「新鵜沼」➡➡「名鉄岐阜」下車 バスとロープウエイを乗り継ぎ(この間有料)
 
「岐阜城」
ロープウェイを降りて、石段を登った。数えきれないほど多くの。300段も400段も、もしかしたらもっとたくさん。

12DSC_0680.jpg
突如岐阜城天守閣が現れた。

ここで終わりにして引き返した。上り坂はまだまだ続いていた。疲れた。
4時近くになっていた。このまま進めば帰り道は暗くなり、ロープウェイもなくなる。
とても残念だが諦めも肝心と納得して、岐阜城へ行くのを止めた。

そして、乗りテツ続行

④ 名古屋本線「名鉄岐阜」➡➡「一宮」 乗り換え 
⑤ 尾西線「津島]➡➡津島線「須ケ口」 乗り換え
⑥ 名古屋本線「須ケ口」➡➡「名鉄名古屋」 帰着。

乗った、乗った。充分乗った。
でもその割には感動は少なかった。
窓外の景色は取り立てていうほどのこともなかったし、車体も特記するようなものに見えなかった。
それでも路線図を見ながら、読み方もわからない駅を通過するのは面白かった。


 

スポンサーサイト
Category: | Comment(2) | Trackback(0)

名古屋の旅 ②常滑

2018.01.17 (Wed)
2018年1月1日  今年の旅の始まりは「焼物の郷・常滑」
常滑(とこなめ)は中京を代表する日本有数の焼物の産地。
特徴は、壺、鉢、土管、焼酎瓶など大型の焼物。
明治時代になって急須、湯呑、皿など家庭用食器も作られるようになり、招き猫でも有名。
素朴な形で絵柄も地味で目立たない。

5.jpg
「とこなめ招き猫通り」
常滑へは、名鉄線で「名古屋本線」から「常滑線」に乗り換え、駅の数が25もあったが、
運よく特急「中部国際空港」行に乗れて、直行40分で着いた。
駅から続くこの通り。色んな招き猫が並んでいて思わずかおがほころんだ。

7gousei.jpg

11P1018719.jpg
「陶磁器会館」 散策の始まり。観光案内所と売店。
町はお正月休みで、唯一の情報提供場所だった。

14P1018730.jpg
窯元(休業中)

10.jpg

8.jpg
「煙突のある風景」 石炭焼きの煙突。今は使われていない。

9.jpg
廃炉

16P1018749.jpg
「土管坂」 両斜面を土管と焼酎瓶で固めた観光名所

14P1018737.jpg

18P1018729.jpg

19P1018754.jpg

町中がお休みだったのが残念。これで閉めるのはちょっと物足りない。
初詣に行こう。   特急岐阜行で名古屋へ戻った。

DSC_0659.jpg
「大須観音」
地下鉄桜通線丸の内乗り換え鶴舞線大須観音下車。
参拝者がいっぱいの境内に、読経がマイクで流れて活気が溢れていた。

アクティブな年末年始でした。


Category: | Comment(2) | Trackback(0)

今年もまた

2017.12.26 (Tue)
彩翔亭の庭を走るトナカイさんたち

Category: | Comment(2) | Trackback(0)
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。