礼文島の旅

2014.10.27 (Mon)
9月26日
利尻島から、礼文島へ来た。
「花の浮島」と呼ばれ、海抜0メートルから高山植物が生えている希少な島。

1_2014102714225591d.jpg
バスから降りて、高山植物の咲く道を歩く。
夏には、300種以上の高山植物が見られるが、
短い秋も過ぎ、9月末で観光シーズンも終わりになる。

2_2014102714224486c.jpg
アサギリソウ(緑色の花)

3_201410271422300f5.jpg
イワレンゲ

4_20141027142219812.jpg
澄海岬(スカイ岬) 小さな浜に小屋がひっそりと。

5_201410271422086c8.jpg
スコトン岬 礼文島最北端 サハリンが見える日もある。

6_201410271421557c5.jpg
絵柄はシンボル「レブンアツモリソウ」

7_20141027142143374.jpg
「三井観光ホテル」の花の額

8_201410271421320b8.jpg
日の出 ホテルの窓から  27日5時36分

9_201410271421105f2.jpg
海辺で釣りをしている人たちがいるので、行ってみると

10_201410271420595cd.jpg
大きな「鮭」が連れたばかり。 「いくら」をいっぱい持った「メス」

11_20141027142048e70.jpg
フェリーで稚内へ。1時間50分

DSC03903.jpg
日本最北端の「宗谷岬」に立ち寄り。

13_201410271412360e6.jpg
「宗谷岬」の歌碑。
3番まで大声で歌って、北海道に別れを告げた。





スポンサーサイト

利尻島の旅

2014.10.22 (Wed)
2014年9月25日~27日まで、北海道の利尻島と礼文島を旅した。

DSC03642.jpg
稚内港から利尻島まで、フェリーで1時間40分。

1h.jpg
「サイプリア宗谷号」 3551トン  19.5ノット  旅客定員500名  トラック21台 乗用車55台

2h.jpg
重くのしかかる雨雲の隙間から陽が射すその下に、利尻島がある。

3h.jpg
一夜明けて、26日は朝から晴天。   
利尻・礼文 サロベツ国立公園の第一歩は、「姫沼」。 湖面にくっきりと逆さ富士。  利尻山 1721m

4h.jpg
紅葉の始まり。 「ツタウルシ」

5h.jpg
「ツリバナ」

6h.jpg
「オタトマリ沼」  
島のどこからも利尻山が見える。 山の形は少しづつ異なる。

7h.jpg
仙法志御崎公園。溶岩流からなる奇石群の集まった小さな港。
山頂は雲で、噴煙ではない。 

8h.jpg
利尻特産「ムラサキウニ」  大漁ですね。

9h.jpg
産地ならではの美味。

10h.jpg
夕食 海の幸尽くし。 左奥から アカナゴ  ホッケ  毛ガニ  イクラ  ヒラメ  ホッケのつみれ  魚卵(名前忘れた)

11h.jpg
イクラ一時間食べ放題。
イクラのサンドイッチ、 「いくら ご飯 いくら」   これを5皿食べた。 大満足。

12h.jpg
フェリーで40分、礼文島へ渡る。 


back-to-top