那覇後編(沖縄旅行完結編)

2013.03.25 (Mon)
沖縄旅行も終盤となり、那覇の泊り港近くの「那覇りらっくすホテル」に滞在して、周辺を歩いた。

沖縄県立博物館・美術館

DSC01836.jpg
琉球王国の国家統一、繁栄、受難、新生沖縄県の誕生、そして沖縄県の今と未来の膨大な展示が行われている。
厳かに、情熱的に迫りくるものを感じて、深くもの思う時を過ごした。(内部撮影禁止)

_2163156.jpg
余儀公園のさくら
再度訪ねると10日たっていて、既に盛りを過ぎ、バックのヤシとのコラボを探すのに苦労した。

_2163143.jpg
民謡大会。 公園で知り合った女性のご案内で。
前列右は、盛 和子さんというプロでその隣は息子さん。

女性と一緒に、牧志公設市場へ
_2142942.jpg
まんぼう(針せんぼん) 何度行っても面白い魚市場

DSC01765.jpg
三線やさん
沖縄固有の商品店も多い

ゆいレール
_2163188.jpg
「一日券」を買って、端から端まで乗り放題。
何回も下車して、ゆっくり歩きながら写真を撮ったり、スマホで交信したりして、のんびりと過ごした。

_2183326.jpg
くじらウオッチング
遂に18日挑戦。お天気はいいけど、くじらが見られるかどうか?
背中、尻尾、潮吹きなど全部で10回ほどみたが、写真はまともなのが撮れなかった。

それで動画を出しますが、このブログの動画、どういうわけか出たり消えたりします。ご容赦を。
[広告] VPS



DSC01897.jpg
マイミクさんと再々会
毎日のようにメールで話し合っていたけれど、また会えて、泡盛と沖縄料理で楽しくすごした。
所沢での再会を約してひとまずお別れ・・・・

DSC01936.jpg
そうして、沖縄旅行最終日。
また雨。免税店へ行った
国内に免税店があるとは知らなかった。海外の免税店と全く同じなので、琉球ガラスの食器とお化粧品を自分用のお土産に買った。

こうして、15日間沖縄本島一人旅は無事終わった。
実に多くの人々から、心温まる支援を受けて、のんびりと楽しく、美味しく、幸せを全身で感じながら結末をむかえることができて感謝の気持ちでいっぱいです。
お世話になったみなさん、どうもありがとうございました。

長い旅日記を読んでくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト

南部戦跡めぐり

2013.03.21 (Thu)
再び那覇に戻った。
バスツアーに参加して、南部の戦跡とおきなわワールドへ行った。

戦跡 
DSC01846.jpg
旧海軍司令部壕 450mの壕内に4000名の兵士がいた

_2173226.jpg
ひめゆりの塔(右端の小さな塔)

_2173256.jpg
平和の礎
_2173252.jpg
戦没者全員の名が刻まれている

_2173281.jpg
沖縄平和祈念堂
摩文仁の丘、平和の礎と向かい合って建つ。

戦争の悲惨さと、平和の尊さを痛感した。

DSC01884.jpg
「玉泉洞」東洋一美しいといわれる鍾乳洞

_2173297.jpg
エスカレーターで一気に上ると、そこは「おきなわワールド」
ショップやカフェが並んでいる

DSC01891.jpg
サトウキビの生ジュース ほんのり甘くて美味しい


座間味島

2013.03.18 (Mon)
2月14日
那覇 泊港からフェリー「クイーンざまみ」3時発、5時10分着。

[広告] VPS

座間味島入港

_2142976.jpg
船から見た座間味港

DSC01784.jpg
海まで歩1分の民宿「ダイブイン浜」に1泊。
2階右端の部屋から見える大海原、眺め抜群。

_2153024.jpg
荷を解いて散策。座間味港

g1.jpg
防波堤に描かれたユニークな絵

[広告] VPS

メイン通りに響き渡る「ヤシの実」

DSC01785.jpg
「交番」

_2143016.jpg
漁港

DSC01810.jpg
翌日も散策、役場。観光課に御挨拶・・民宿を紹介してもらったので。

_2153040.jpg
これお墓 極一般的なお墓だけれど凄く大きい

_2153083.jpg
合同校舎。左が保育園、中央は小学校、右が中学校。
高校は本島へ行く。

本島を離れると、静かでのんびりとしていて、人情厚い人の住む離島がたくさんある。
座間味島でも、民宿では家族総出で持て成してくれた。
出会う人々もみんな声をかけてくれて、一人旅の緊張感もすっかり解けて、よい旅だった。
また行きたい。
back-to-top