ランタンフェスティバル旅行計画

2016.02.28 (Sun)
台湾ランタンフェスティバル     2016.3.2~3.11   10日間   ひとり旅

初めに

昨年も押し詰まった時、寒い時期は暖かい所へ旅しようと思った。
台湾のランタンフェスティバルを見に行くことにした。

台湾では、毎年春節(旧正月)から最初の満月にあたる15日目を『元宵節(ユエンシャオジエ)』と呼び、約2週間、指定された都市で大規模なランタンフェスティバルが開催される。
(平渓のランタン祭り・点燈上げとは別)

2016年は2月22日から3月6日まで。
新幹線桃園駅の駅前広場で開催なので、交通もとっても便利。
台湾のランタンは、日本のねぶたに近いといってもいい。

ran.jpg
借用写真

1〗旅行目的

① 台湾ランタンフェスティバル見物
② 高雄初訪問
③ 日月潭再訪(1977年に行った時雨でだめだった)。
④ 夜市探訪(夜店通り)
⑤ 美味しいもの食べ歩き(台湾の中華が一番好き。果物も絶品揃い)

台湾大好き
1966年・昭和44年、初めての海外旅行で台北で1泊した。
あれから44年も経った。 その後何回台湾へ行っただろう。
飛行機から降りた途端に、故郷に帰ったような気がする。
だから、台湾大好き。

〖2〗日程

3月2日(水)~11日(金)  10日間
旧正月の混雑を避けて、フェスティバルフィナーレに近い時と思って決めた。
2月の台北エリアは雨天が多いので3月にした。

 コース(予定)

台北➞➞桃園➞➞高雄➞➞日月潭➞➞台北

〖3〗 航空券

往 3月2日 羽田発 12:40  台北松山空港着 15:50  ANA NH853

復 3月11日 台北松山発 13:30  羽田着 17:30   ANA NH852

45.040円 (運賃 37.000円 税金その他 8040円)
座席指定も取れたし、マイルも貯まった。
もっと安いチケットもあるが、体に負担の少ない時間帯を選んだ。
松山空港は」羽田のように市街に近いので選んだ。
桃園空港は成田のように遠いので、安いけれど避けた。
ANAが国内の航空会社では、最高レベルだと思うので迷わず決めた。

〖4〗 ホテル

 台北  大名商務会館

このホテル 私の定宿。はなまる級の素晴らしいホテル。
到着日と帰国前日だけ予約した。

高雄と日月潭のホテルは、およその見当はつけたが、予約はしていない。
その理由は、両市とも好天でなければ行ってもしょうがない。
直前の天気予報をみて決定し、スマホで宿泊先を予約する。
この方法で実行して、今までホテルが取れなかったことはなかったし、
ハイシーズンでもないのでなんとかなるだろう。
ひとり旅の利点・なるようにする。

〖5〗 交通事情

台北では主として地下鉄を利用して、割引券などを活用し安く動く。
都市間は台湾高速鉄道(新幹線)や台湾鉄道(在来線)を組み合わせる。
長距離バスも使うかも。
タクシーも拾い易いし、ホテルの呼び出しを使えば間違いない。
交通費は日本より安いし、その時一番いいと思った手段で行く。

〖6〗天候
海外天気予報によるによると、
台北 おおむね晴れ    、台中 晴 曇り時々雨      高雄 曇り
晴れれば29℃ 雨なら23℃  高雄は熱帯になるので晴れれば夏日になる。
天気は今落ち着かない模様。
前日の天気予報にみて、衣類を選ぼうと思う。

〖7〗 台湾ドル

最小 = 3.3364 (02 月 21 日)平均 = 3.4593 最大 = 3.6285 (02 月 01 日)

毎日ネットで調べた。 2月22日朝、最小値で買った。
1ドル 3.33円だが、手数料込みで3.88円だった。
翌日からまた上がってきている。
たったの0.3円ではあるが、予想が大当たりして嬉しくてたまらない。

〖8〗 海外旅行保険

以前はカード付帯の保険で十分だと思って、保険をかけたことはなかったが
加齢に伴い、いざという時のためにと保険をかけるようにしている。

HISのV72
これで安心、掛け捨てだから、使わなくてよかったとなればそれでよい。

〖9〗 カメラ

コンパクトデジカメ 名刺サイズのみで、身軽第一でいく。
でも、1枚ずづマニュアル撮影する。

SONY CYBER SHOT  DSC-WX100
 1890万画素  10倍ズーム  
 50x22x54mm  本体48g

あと3日で出発だ。
この旅も「最高だった。」といえるように努力したい。
台湾に行かなければ出来ないというようなことをしたい。


では、行って参ります。

      2016.2.28記




スポンサーサイト
back-to-top