金沢後編 金沢百万石まつり

2016.06.16 (Thu)
2016年6月4日  金沢百万石まつり

金沢百万石まつりは、加賀藩祖・前田利家公が天正11(1583)年6月14日、
金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業をしのんで開催された。

DSC03113.jpg
盛大に繰り広げられるおまつりの飾りつけ

2_20160616202838147.jpg
JR金沢駅
手前「鼓門」は伝統文化に使う鼓を、奥はガラスドームの「もてなしどーむ」、
金沢をおとずれる人に差し出す雨傘をイメージしている。

a_201606162055269af.jpg
〖借用写真〗 JR金沢駅前の「太鼓パフォーマンス」
これを見ずして百万石まつりを語るなかれといわれるほど素晴らしいものだと聞いて
是非みたいものと行ってみたが、想像を絶する人混みで、怪我もしかねない身の危険を
感じて諦めた。
50mほど離れた場所で参観したが、空気がビンビン震える地響きだけが伝わってきた。
近くで見たかった。

3_20160616202840db1.jpg
パレードの始まり。2016ミス百万石
パレードは、JR金沢駅前を出発して、金沢城公園まで続く。

4_20160616202841260.jpg
金沢友禅大使

5_20160616202843fea.jpg
「獅子舞行列」 市内5団体255名参加
豪華で大きな獅子頭と三味線・笛・太鼓の囃子方がすべて中へ入ってしまう大きな蚊帳(カヤ)で構成される

6_20160617074920089.jpg
「加賀とび行列」 金沢市消防団連合会(49分団)総計496名参加

7_20160617074923c36.jpg

8_20160617074922259.jpg
高度な技を多種披露して、拍手喝采をあびた。

16_2016061707494407f.jpg
「尾山神社」 神職と氏子さん計98名参加

11_2016061707501330a.jpg
「お松の方行列」」 女優 笛木優子さん

10_201606170750111d7.jpg
御殿女中さん

c_201606170847212ea.jpg
「前田利家公入場行列」  天正11年(1583年)6月入場

12_201606170839426c8.jpg
フィナーレを飾る壮大な行列
14代続いた 加賀百万石、戦いを回避しつつ、絢爛豪華な文化を伝承した。 日本一の藩だ。

17_201606170840154e1.jpg
「前田利家公」 俳優 袴田吉彦さん

13_2016061708403350d.jpg
「赤母衣衆」 あかほろしゅう
母衣は矢を防ぐためのもので、母衣衆は馬廻の中でも精鋭の武士が選ばれた。
利家公は信長時代、赤母衣衆の筆頭として活躍した。

パレードは約2時間をかけて通り過ぎて行った。
しかしパレードは、ほんの一部の催しに過ぎない。
このお祭りは3日間、金沢市全域で多彩なプログラムで執り行われる。
もう一度、少なくとも3泊はして、全部見てみたいものだと思った。

  


スポンサーサイト

金沢中編 金沢友禅燈ろう流し

2016.06.14 (Tue)
2016年6月3日 

「加賀友禅灯ろう流し」は、水の芸術ともいわれる加賀友禅と川のつながりに
感謝を表し、加賀友禅に携わってきた故人の霊を慰めると共に、
水供養として今後とも加賀友禅の繁栄を願うものです。

日:平成28年6月3日(金)
時:午後7時より9時まで
所:浅野川(天神橋~浅野川大橋)

1_20160614112440884.jpg
17:30、浅野川大橋からの眺め
左手 大会本部   奥 梅ノ橋 そのまた上流の天神橋から燈籠流しが行われる。

2_201606141124415bb.jpg
対岸にも見物人がいっぱいいる。
本部と向き合うこの側がいいかと、本部の対岸を選んだ。

3_2016061411244379f.jpg
18:00  開会式の始まり
金沢市長さんの挨拶(中央黄色い衣)
各組織の代表の方々の挨拶。 加賀友禅の美しい和服姿の女性たちが花を添え。  
僧侶の読経の中、お焼香も。大太鼓のパホウマンスも。盛大な開会式が延々と続いた。

4_20160614112444ee4.jpg
お歴々は挨拶の後、自作の燈籠を自ら流す

5_20160614112507184.jpg
スタンバイしているたくさんの人と燈籠

7_20160614112511810.jpg
19:00  ようやく一般の燈籠流しが始まった。

8_20160614112512165.jpg
願いを込めて手作りされた 1.2.000個の灯ろうが静かに流れて行く。

9_20160614112527dad.jpg
梅ノ橋から浅野川大橋方面の眺め。

10_2016061411252831c.jpg
一人の観光客としてこの行事に参加したのであるが、
加賀の文化、とりわけ加賀友禅を称賛する気持ちと合わせて、
天国にいる人々と、地球上の全ての人々の幸せを祈りつつ帰路についた。









金沢前篇 尾山神社 兼六園他

2016.06.11 (Sat)
2016年6月3日~4日
「金沢友禅燈ろう流し」と「金沢百万石まつり」を見に行った。

1_2016061116373677f.jpg
北陸新幹線で行った

2_20160611163738945.jpg
「はくたか555」で、大宮9:09発 金沢11:52着

3_20160611163741581.jpg
尾山神社
加賀藩祖前田利家公とお松の方をお祀りしている

4_2016061116374081e.jpg
尾山神社の神門  和韓洋の三様式

5_20160611163809b49.jpg
神門 加賀百万石の威力。控えめながら高い芸術性を表している。

6_20160611163811543.jpg
兼六園  ことじ燈籠

7_20160611163813d57.jpg
四季を通じて美しく装う特別名勝

8_201606111638149a0.jpg
霞ケ池 茶室

9_2016061116383917e.jpg
金沢城公園

10_2016061116384068f.jpg
五十間長屋櫓

11_20160611163842cb6.jpg
料亭山乃尾でスイーツ 「青もみじ」

12_20160611163843bc9.jpg
山乃尾入り口の暖簾 婚礼のときに飾るそうだ

13_20160611201932138.jpg
ひがし茶屋街
キムスコ(木虫籠)と呼ばれる出格子が建ち並ぶ古い(1820年より)お茶屋さん街

14_20160611201933498.jpg

15_20160611201934468.jpg
お米屋さん

16_20160611201955502.jpg
九谷焼のお店

17_20160611201957b22.jpg
金箔屋さん

市内観光を終えて、ホテルで少し休憩。
夜の燈籠流しは次号で。





back-to-top