Sicilia パルレモ3③最終編

2013.5.31
シチリア再訪ひとり旅も22日目。遂に最終日となった。
パレルモ観光のハイライトを訪ねて、この旅を締めくくることにした。

ヌオーヴァ門 Porta Nuova
1_201310211736408d5.jpg
ノルマン王宮の脇に架けられた門。1583年造。
オーストリアから招かれたカール5世パレルモ入場を記念して造られた。

カテドラーレ Cattedrale
2_2013102117374058f.jpg
1184築の大聖堂
様々な建築様式が複合している。
内部は歴代王の霊廟。
3_20131021173756282.jpg
パレードの山車か?

ノルマン王宮 Palazzo del Normanni
4_20131021173829767.jpg
旧王宮。11世紀築。
現在はシチリア州会議場。外観はさして素晴らしいとも思わなかったが。
_5280404.jpg
一歩中に入ると、アラブ様式の回楼が巡らされていた。
見事なモザイク画。
5_20131021173855420.jpg

パラティーナ礼拝堂 Cappella Palatina
ノルマン王宮の2階にある宮廷付属の礼拝堂。
6_20131021181837db6.jpg
「聖ペテロと聖パウロを従えた王座のキリスト」
この他にも、「天使に囲まれた全知全能の神キリスト」、「聖ペテロと聖パウロの物語」など、聖書の世界が描かれている。
9_201310211739562e8.jpg
大理石のアーチが金箔モザイク画で覆われている。
7_201310211740125ab.jpg
「コスマーティ様式」のモザイク。イスラムとビザンチンの融合した様式。
_5280388.jpg
あまりの美しさに、眩暈がした。
人間の力を越えたものを感じて、神の足元に跪きたい気持ちになった。

美術、建築、宗教、歴史などに造詣の深い人がここを訪ねたら、感極まることだろう。
これまでにも、何度かこのような贅の限りをつくした建築物にであったことがあるが、
このパラティーナ礼拝堂が最高の傑作ではないかと思う。

旅を終えて
いつも思う。「いい旅だった」と。
しかし今回は「今までの旅の何倍も何倍もよかった」。
最高にいい旅だった。                       

長い旅行記をお読みくださり、ありがとうございました。

ブログ「シチリア再訪ひとり旅」 全編はこちらでご覧にられます。
              

スポンサーサイト

Sicilia パルレモ②

5月28日
Paiermo滞在2日目、まず初めに行ったのが、マッシモ劇場。
当日は休演日で、「劇場内部見学ツアー」に参加した。

シチリアでは、連日古代文明の中で暮らした。
他に類を見ない貴重な遺跡や、美術品に触れることができた。
しかし、私は美術には疎く、知識や関心も薄い。
音楽は一番好きなジャンルで、旅行にでたらその土地の伝統音楽を、
その土地を代表する劇場の最高の席で観賞したいと思ってきた。
幸いなことに今回も、翌日公演のフルオーケストラのチケットをゲットした。(後述)

DSC03473.jpg
マッシモ劇場 Teatro Massimo
ネオ・クラッシック様式、1897年初演、キャパ1400。
内部が5層のボックス席と、桟敷。舞台は客席と同面積を有す大きさ。
オペラ、バレーの公演にも適している。

p054.jpg
上・コンサートチケット   下・劇場内部見学ツアーチケット

DSC03453.jpg
2階ロビー。 ここ以外の内部撮影禁止だったが、シチリアの威信をかけた、
世界第三位の劇場の見事な建築に心底感動した。

5月29日
パレルモ中心地にある、有名な観光箇所を巡った。
_5310622.jpg
プレトーリア広場 Piazza Pretoria
噴水の周りに、30を越える裸体彫刻がある。
1570年代に、フィレンツェから移築された。
ルネッサンス様式。

_5310612.jpg
サン・カタルド教会 San Cataldo
ノルマン時代(1160年)築。丸い半円形のドームはハーレムに仕える「官吏の帽子」を模したもの。
中はなにもなかった。(イスラム様式だからか?)

_5310585.jpg
マルトラーナ教会 Martorana
1143年築。シチリア最古のビザンチン様式。
息を呑む美しい祭壇。

DSC03435.jpg
早めの夕食を軽く食べて、いったんB&Bに帰る。
おめかしして、マッシモ劇場に行く。

a.jpg
劇場前広場では、新婚のカップル。
華やかな数々のフォーマンスをご披露して、大詰めは、男女別綱引きだった。

DSC03601.jpg
フルオーケストラ コンサート楽団
演目は4曲。
① シチリアの古典詩に、シチリア人が作曲した宗教曲。
  イタリア人にも難解部のある古語合唱付き。
②と③ 電子楽器による新作曲目。
④ Dvorak・・・もしかして「ドボルザーク」かな? 
 パンフレットが全イタリア語で全く解らず。と思ったら大当たり。

ドヴォルザーク 交響曲第9番新世界第2楽章(家路)
「家路さして帰りゆく・・・」日本を離れて3週間、いろいろなことがあった・・・
と思って胸がきゅ~んとなって、目が霞んでしまった。

DSC03598.jpg
中央がロイヤルボックス、現在もVIP専用。私の席は、3階、ローヤルボックス席から
2つ目のボックスの前列(定員6名)、
SS席だが、22ユーロ、シニアサービスで3ユーロOff。

DSC03603.jpg
終演後ライトアップされた劇場。
興奮冷めやらぬ心を鎮めながら、宿への家路に着いた。
プロフィール

ゆめ子おばちゃま

Author:ゆめ子おばちゃま
水滴に映った花束

ホームページはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR