年の瀬マラソンin所沢・中編

趣向を凝らした「仮装ランナー

DSC06784.jpg
所沢のシンボル 「西武ライオンズ」 「トトロの猫バス」

DSC06799.jpg
所沢航空記念公園のシンボル 「飛行機」

カップルとグループは、揃って走る
DSC06858.jpg
DSC06848.jpg
DSC06776.jpg
DSC06859.jpg
DSC06789.jpg

お金も手間もかけずに、シンプルに、これもグッドアイディア
DSC06840.jpg

スタートから、1時間経過、飲み物所が忙しくなってきた
DSC06823.jpg
飲み物は支給されるが、マイ飲み物もOK
全員マイカップ持参のこと
DSC06832.jpg
手料理で労うグループも

こちら、「タイム一筋派」
ひたすら走る。タイムを気にしながら、駆け引きも考えて
DSC06748_20131228095711a83.jpg
なんといっても「フルコース・42.195km コース13周なのだ
DSC06808.jpg

後編につづく

スポンサーサイト

年の瀬マラソンin所沢・前篇

「2013年の走り納めは、所沢航空記念公園で」ということで、12月22日(日)
〖サヨナラ 2013 年の瀬マラソン in 所沢〗が開催されました。
主催 NPO法人スポーツエイド・ジャパン
後援 所沢市教育委員会、埼玉県西部地域振興センター
協力 武蔵ウルトラマラソンクラブ、チーム風、チーム★リスペクト

コース 所沢航空記念公園 特設コースス13周(1周3.246km) 42.195km
参加者 女子・221名  男子688名 


こんな素晴らしいことが、わが家の近くで催されるんですよ。
行かないわけには、いかなじゃあありませんか。

DSC06659.jpg
早めに会場に到着。
すでに準備万端整い、物凄い熱気。

DSC06678.jpg
この大会の呼び物「仮装マラソン」のランナーが、衣装も華々しくお集まり。
DSC06724.jpg

DSC06680.jpg
8時30分 いよいよ開会式 お偉いさん方の御挨拶

DSC06684.jpg
準備体操も楽しそうに。

DSC06701.jpg
スタートラインに並ぶ賑やかな面々。

DSC06706.jpg
この、バナナさん 常にハイペースで走っていた。
DSC06694.jpg
主催キャラ・ムサッシー

DSC06767.jpg
アニメは人気が高い。
タイムには、ハンディなし。仮装大賞の表彰あり。

DSC06790.jpg
グループ参加。常に一緒に走らないととだめ。

DSC06803.jpg
サンタカメラマンさんも大忙し。

つづく

サンタを探せ

12月14日(土)のことでした。

所沢駅から元町コミュニティ広場までの通りに、
200人のサンタが現れました。
1_201312181355434da.jpg
主催「とことこまちづくり実行委員会」 後援と共催と協力 23団体という大きなイベント。

まず、初めは「サンタぞろぞろパレード」
2_20131218135523e3d.jpg
やって来た。大急ぎで商店の2階にダッシュ!撮影場所確保
3_201312181355256bf.jpg

4_201312181355270c3.jpg

駆け下りて、サンタさんを追う
5_20131218135453542.jpg
サンタさんはほとんどが美人お姉さん。近隣の大学や中高生が協力しているからかな。イイネ

6_20131218135455b6f.jpg
行き交う子供たちを喜ばせながら
7_2013121813545736e.jpg
小グループに分かれてお仕事。
8_20131218135159e54.jpg
メインの「サンタdeビンゴ」
参加費¥100で用紙を買って、同じ番号のサンタを探して、サインをもらう。
「どっちだ」と駆けずり回る子供たち、親子で写真に納まったり、笑顔が可愛いサンタさんもいたりして、
実に楽しいいいイベント
9_201312181351499c8.jpg

11_20131218135115da0.jpg
人出も増えて大盛況、探すのも大変になった。

10_20131218143924ae8.jpg
クリスマスキャロルのコンサート。
お子さんたちも仮装していたり。
他にも、多数の催しものがありましたが、私はちょっと疲れたので、志半ばにして(?)帰宅しました。
久し振りに、すかぁーとしました。

夜行寝台列車に乗って

11月8日
少数民族の住む「サパ」へ行くために、ハノイから、ラオカイへの夜行寝台列車に乗った。
約240kmを10時間かけて走った。

1_20131211194729f2f.jpg
ハノイ駅 首都の始発駅 

2_20131211194718a41.jpg
さすがに大きな駅だ

3_20131211194707dfc.jpg
私たちの荷物を、リヤカーで運んでくれている

4_20131211194656f84.jpg
何やら行き違いがある模様。現地ガイドさんが大声で怒鳴っている。
あぁ団体でよかった。一人じゃ戦えない

5_20131211194647e38.jpg
やっとのことで乗車できた。
我が部屋。4人部屋を一人使用。多分ファーストクラスだと思う。

「女子会で盛り上がったが早めにお開き。ずっと強行軍で少々疲れた。
なかなか寝付かれなかった。
揺れがひどい。レールの軋む音。建てつけの悪い窓やドアの不協和音などで。

突然の大衝突音。キキーーィ ギギーーィ ブレーキの音。
ぎゃーぎゃーわめきながら走り回る人たち。怒鳴るように話す声。
街灯も人家もなく、真っ暗で何も見えない
「なるようにしかならない」と決めて、とにかく寝ることにした。
明日に備えて、睡眠薬飲んで爆睡した。

6_20131211194633af2.jpg
目が覚めると外は明るくなっていた。
時計を見ると、6:30
あれぇ…到着は4:45と聞いていたが。
まっいいか。終点だし、みんなと一緒だから。

7_20131211194622832.jpg
畑の中をひたすら走る。豊かな稔りだなぁ。

8_201312111946107a3.jpg
車内販売がきた。甘いコーヒーの香りを漂わせて。これがまた超美味しかった。
「夜中の騒ぎは、何だったの?」
「野生の水牛の群れが、列車に激突したんです。」

9_20131211194556fe7.jpg
大きな町だ。もうすぐかな。

10_20131211194541133.jpg
間もなく到着の予定と添乗員さんが、知らせに来てくれた。

7:45、3時間遅れで、サパへの入り口・ラオカイ駅に到着。「お疲れ様でした。」
プロフィール

ゆめ子おばちゃま

Author:ゆめ子おばちゃま
水滴に映った花束

ホームページはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR