モンセラット日帰り旅行 Montserrat

2014.04.29 (Tue)
バルセロナの北西50kmの山間にある修道院・Al Monestia に行った。
少年聖歌隊の合唱が聴きたかった。

初め、一人で行こうと思って調べたが、時間と体力の負担が大きいので、
バスツアーを探した。
観光案内所で、モンセラット一日ツアーで、合唱も聴ける英語ツアーを紹介してもらった。

バスで約1時間、着いたら目の前に奇岩の山。
1_20140429172134664.jpg
モンセラットとは、「ギザギザの山」という意味なのだ。
麓から、標高725mの修道院に来るには、鉄道から、登山鉄道かロープウエイに乗り換える
3_2014042917224175d.jpg
昔は険しい山道を登ったのだろう。
2_201404291721353f5.jpg

道脇には、土産物市場。特産のチーズ、ハチミツ、ナッツなどが並んでいる。
g1_20140429172242ecb.jpg

広場には、レストラン、土産物店
5_20140429172515ade.jpg
入り口を入ると、「モンセラット美術館」Museu de Montserrat
6_2014042917251748f.jpg

修道院 Al Monestir
11世紀創建のベネディクト派。
1811年ナポレオンによって破壊され、19~20世紀に再建された。
7_20140429172518607.jpg
修道院の正面
中庭にある円形のモザイクモチーフは、パワースポットで、ここで瞑想するひともいるとか。
8_20140429172548b00.jpg

少年聖歌隊
9_20140429172549a3a.jpg
9~14歳の少年50名からなる聖歌隊で、寮生活をしながら、国内外の教会に遠征もしている。
「天使のコーラス」といわれる美しい歌声が、荘厳なる堂内に響きわたり、
異教徒(不信心)な私も敬虔な祈りを捧げたい気持ちになった。

この修道院には、「黒いマリア像」が中央祭壇に祀られている。
カタルーニャ州の守護聖人なので、参拝する人々が長蛇の列をなしていた。

10_20140429172551805.jpg
この奇怪な岩山は、ワーグナーやガウディに、インスピレーションを与えたとのこと。
私も初めてみた光景だった。
少年聖歌隊の合唱が聴けて、クラシック愛好家の私は大いに満足した。
スポンサーサイト

フラメンコショー  Flamenco

2014.04.24 (Thu)
フラメンコショー

出発前、日本で予約した。
「Cordobes コルドベス」 タブラオ・ショークラブ

g1_20140424203514fa6.jpg

食事付きにすると、よい席にしてくれるというので、食事付きにした。
食事はあまり期待していなかったが、バイキング式でたくさんの郷土食があり、
味もよかった。
最終コースで、食事は20:30から、2時間も続いた。

会場
23:00にショー会場へ招かれた。(借用写真)
2_20140424203456fa9.jpg
舞台はとても小さくて、5m✕3mぐらい。
椅子が60脚ぐらいびっしり並んでいた。
全席指定で、なんと私の席は、最前列の中央。最上席。
東洋の老齢の女性ということで、決まったのかな?  幸運に感謝、嬉しかった。

ショーは、23:30に始まった。
3_20140424203458605.jpg
4_20140424203421d89.jpg
中央にCantaor(歌い手)、隣にGuitarrist(ギター弾き)、脇にBailaora(踊り手)
三者一体となり、情熱的にリズムをとりながら歌う。
短い掛け声も入る。

5_20140424203423d02.jpg

ダンスの始まり。
6_20140424203424ff2.jpg
7_201404242034262b7.jpg
8_2014042420333427c.jpg
ギタリストが搔き鳴らす情熱的な響き、打ち鳴らす手拍子の爆音、朗々と語りかけるような歌声、
木の床は靴音で太鼓のような地響き、汗が飛んできて、長いスカートの裾が私の顔を撫でる。

舞台と客席がひとつになって、絶好調なのだが。
観客は、手拍子も掛け声も我慢して、ひたすら静かにしていた。
開始前に繰り返し注意された。
ショーには脚本はなく、全て即興である。
内容は、家族や恋人への愛、望郷の念、喜びや、苦しみ、有名な詩などで、
閃いたインスピレーションを三者が調和させながら、構成させていく。
それで、ショーに観客の拍手や掛け声が入ると、収拾がつかないので、絶対に静かにしてくださいとのこと。
勿論写真撮影も禁止。
これらの写真は、最後に撮影許可の出た数分で撮った。
10_2014042420333636d.jpg
11_20140424203338ae6.jpg

ひとの体は、こんなにも激しく悩ましく動くものかと思った。
体の中を電気がビリビリ走っていくような感じだった。

こうして、ショーは24:40に終わった。
真夜中のランブラス道りは、明るく人通りも多くて、興奮冷めやらぬ私は少しも怖くなかった。


back-to-top