台湾再訪 ⑥高雄市内

2016.04.14 (Thu)
2016年3月5日  台北から高雄へ。

台北の次はどこへ行こうか。
天候も落ち着いた「高雄」に決めた。
台湾南西部の中心都市、発展した高雄港。未知の都市への初訪問。
2日前にホテルも予約できたので、乗車券も買っておいた。

1_20160414150237ff0.jpg
台湾高速鉄道(高鉄・新幹線)のチケット
誠に解り易い切符。
普通車 座席指定 1490元 約5.215円  台湾の物価からすればかなり高価。
2007年開業、日本の新幹線技術を導入し、車両も東海道・山陽新幹線のものと同じ。

台北発09:06  台中09:55  左營10:42着 
時速248km。 「早いが取り得」だけだった。  
話しの種に一度は乗ってみようと思ったが、景色も車内もちっとも面白くなかった。
左營は「新横浜」みたいな駅で、「高雄」には地下鉄で5駅乗る。乗り換えは簡単だった。

2_20160414150238ef4.jpg
高雄駅前 台湾第2の都市だけあって、かなり大きいが、台北よりも人も車もずっと少ない。

3_20160414150240efe.jpg
さてと、ホテルはどこだ。駅の真ん前といっていたが。
あっという間に10人ぐらいのおじさんに囲まれた。ガヤガヤとなにいってんだかわからない。
「康橋大飯店」と大きく書くと、「あそこ、黄色いビル見えるだろ」とかガヤガヤ。
「タクシー乗らなくてお生憎さま、ごめんなさい」と日本語でいったら、OK,OK。

4_20160414150241c3f.jpg
康橋大飯店
高級ビジネスホテルといった感じ。ロケーション第一で選んだので満足。

5_20160414150303279.jpg
窓からの眺め。左が鉄道駅  真ん中が高速道路  右が旧駅 地下鉄駅は高速道の地下

6_201604141503069a8.jpg
裏町散策しながらランチを。  建物が平屋になり、植木鉢があったり。

8_20160414150308924.jpg
まるで東京の下町。風情があって郷愁にかられる。

7_2016041415030641c.jpg
これは運河か。
日本にもこういうところあるねぇ。

10_20160414150333ca1.jpg
「宿屋」 冷房付き 1泊400元・1.400円。 バックパーカーの強い味方

11_201604141503340f4.jpg
地元の人で満員の食堂を見つけた。こういうところが美味しくて安い。
その代わりことばが大変だ。
高雄に着いてから、みんなのことばがほとんどわからない。
いわゆる「台湾の中国語」なのだ。標準語はわかるが使わないのだろう。

ここでもチンプンカンプン。
お客さんの食べているものの中で、一番食べたいのを指差して「同じもの、半分」と
いってみたら通じて、美味しいお昼にありつけた。 2品で100元・350円。

9_20160414150330155.jpg
みかん屋さん。 斤単位の量り売り。1斤は600グラム。
熱帯の強い陽を受けたみかんは甘くて美味しかった。

高雄一日目は早や目に寝て、翌日からの観光に備えた。

スポンサーサイト

台湾再訪 ⑤台北市動物園&TAIPEI101

2016.04.04 (Mon)
猫空の観光を終え、ゴンドラに乗る。
列が2つある。片方は進み方が遅いが、列は長い。
往にその違いを聞いたのだが、待ち時間が違うということ以外よくわからなかった。
今度こそはっきり知りたいと思って、前に並んでいる家族連れに聞いてみた。

一般車の中に「水晶車」という底が透明なゴンドラがあり、地上の景色が見える。
数が少ないので、待っていなければならないが、所要時間も費用も同じということ。

1_20160404133541b3b.jpg
「一緒に水晶車に乗りませんか」と誘われて、これが「水晶車の床」
小さなジャングルの中に、お茶畑が続く。
「日本から来たんですね。熱烈歓迎」 「謝謝」

中間地点の「動物園内駅」で全員下車。
動物園の入園料を払いにいくと、「全員分いただきました。」
びっくりする私に、「気にしないで。いいじゃぁないの。一緒にまわりましょう。」
なんという心の持ち主の人たちなのかしら。 感激した。


3_2016040413354359b.jpg
動物たちは、あまり手が入っていない自然の中で、悠然と暮らしている。
それ以外特にどうということなかったが。

2_2016040413362023b.jpg
みんなでいっしょに写真を撮った。
ホテルに帰ったら、写真をメールで送信する約束をした。
書いてもらったアドレスに何度も送信したがエラーだった。
帰国後、大文字、小文字、Qと9などいろいろ変えて試したけれどだめだった。
あんなに親切にしていただいたのに、感謝の気持ちが伝えられなくて申し訳ない。残念だ。
このページを見てくださったら・・・そうしたら嬉しいけれど・・・

DSC02069.jpg
動物をみながら園内の坂道を下って、正門がら出た。
3時間ご一緒した。台湾の言葉がわからない私に丁寧に親切に教えてくれた。

車で帰るみなさんとはここでお別れした。再会を約して。

DSC02070.jpg
地下鉄を乗り継いで、「TAIPEI 101」に行った。
台北のシンボル・タワービル。高さ508m・世界一。

DSC02071.jpg
世界最速エレベーターで、37秒で89階(382m)の室内展望台まで行ける。
というとカッコイイが、待つこと45分。
どういうわけか周り中日本人ばかり。「スカイツリーに来たみたいね」と、みんなで笑った。

7_20160404133643bf4.jpg
「うわぁ~いい眺め!!」  「台北は大都会だねぇ」

9_20160404133645831.jpg
高級ブランド店が並んでいる。

10_20160404133646836.jpg
これ、世界で一番高いところにあるポスト
 
8_20160404133703617.jpg
山の向こうに日が沈む。

帰りのエレベーターにはすぐ乗れた。

12_20160404133705f48.jpg
地下の食堂街が大変な混みようなので諦めて。
台湾名産・「釈迦頭」を夕食用に買った。 凄く美味しかった。

長い一日だった。





back-to-top