台湾再訪 ⑫九族文化村、 帰国

2016.05.28 (Sat)
2016年3月9日  九族文化村(日月潭)観光

日月譚は「台湾8景」のひとつで、箱根のような風光明媚な湖。
1934年、水力発電所建設のためにできたダム湖。
ホテルのテラスと乗船場が直結している。

img139m.jpg
①水社碼頭から乗船➞ ②玄光寺で乗り換え➞ ③伊達邵で下船

1_201605281051163d5.jpg
また雨が降っている。
これが事実上の台湾最後の観光なのに。どうしてここはいつも雨なのか。

2_20160528105117e2f.jpg
降りた伊達邵は,結構整った観光地だった。

DSC02469.jpg
商店街を抜けた所から、九族文化村への遊歩道が始まる。
整備された木道、台湾さくらが綺麗に咲いている。

4_20160528105220822.jpg
30分も歩いた時、やっとケーブルカーの駅らしきものが見えた。
一本道で迷うようなことはないと聞いていたけれど、あまりに遠いので心細くなっていた。

a_201605281053441c8.jpg
ケーブルカーはどんどん来た。あっという間に到着。

DSC02498.jpg

「九族文化村」観光センター。
台湾ざくらが満開。
この前台北でさくらを見たのは、2月中旬だった。
一か月も遅れてさくらが見られるとは思ってもいなかった。
そうか、ここは標高が高い・748m。だから遅いのだ。
嬉しい誤算だった。


7_20160528105223a1a.jpg
お茶屋で休む観光客。
ほとんどの人が台湾中国語を話している。
数人の日本の人たちと出会ったが、欧米系のひとはいなかった。

8_20160528105226a46.jpg
おみくじも可愛らしい。

9_201605281052489c1.jpg
民族村入り口

10_201605281052494f4.jpg
各民族の家、内部も公開。自然の素材で作ったシンプルな家具や日用品が展示してあった。
DSC02516.jpg

11_201605281052508e5.jpg
祀りごとの様子

13_20160528105318310.jpg

12_20160528105252fd3.jpg

14_20160528105320c06.jpg
ショーの始まり。
民族衣装、音楽、踊りなど多彩な催しであるが、台湾語のみで全くわからなかった。

15_20160528105321f4a.jpg
ショーは観客と一体になってすすんでいったが、私はただじっと座っているのみだった。

16_20160528105323338.jpg
そしてフィナーレ。各民族は堅く織られた一枚の旗となって共栄して行こうというのだろう。

帰りの道だが、公共交通の不便なところで、結局来た道を戻ることにした。
多くの人は、ロープウエイ乗り場まで、団体ツアーバスかレンタカーで来る。
幸いにも雨はあがり、湖面を吹く風は爽やかで、木々のざわめき、小鳥のさえずり、満開のさくらの濃いピンク。
自然に恵まれ静かな美しさが気に入って、散策を楽しんだ。

こうして、台北、高雄、日月潭の観光は、無事に、楽しく、思い出多く終わった。

台北に戻った日も大雨だった。
「大名商務会館」の陳さんに「お帰りなさい」と迎えられ、アップグレードされた豪華な部屋で
一泊して9泊10日の旅は終わった。

17_201605281053430de.jpg
台北松山国際空港
2016年3月11日 13;30台北発 ANA852便   17;30羽田着


今回も満足度500%の旅ができた。
こんなに幸せでいいのかと毎日思っていた。また行きたい。行くつもり。

お世話になったみなさん ありがとうございました。
長い旅行記をご覧くださり ありがとうございました。
                                                             

スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yumekoobachama.blog.fc2.com/tb.php/145-a1beca0a
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top