ルンダーレ宮殿 ラトヴィア

2016年10月12日
リトニアを後に、ラトヴィアに入国。

1_20170315202958de9.jpg
国境の旧税関

ルンダーレ宮殿
1768年、ビロン公の夏の宮殿として建設された。
バルトのヴェルサイユといわれ、贅を尽くしたロココ調。

2_20170315202959729.jpg
全景  入城時にもらったパンフレットよりの借用

3_20170315203001a0d.jpg
黄金の間  宮殿で最も豪華な広間 公の戴冠式が行われた

4_20170315203001b67.jpg
白の広間 舞踏会が行われた 漆喰彫刻の白が女性のドレスを美しく見せた

5_20170315203142cda.jpg
楕円形の磁器の間  45個の東洋の陶器で滝をあらわしている

6_20170315203144370.jpg
陶器のストーブ

8_20170315203148aa2.jpg
宮殿内のレストランでのランチ  食器は高級感があった

7_20170315203146ddf.jpg
見事に手入れされた典型的なヨーロッパ庭園 

小さな国で懸命に守られる伝統に大きな拍手をおくった。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美しきラトヴィアの光景・・!

バルト三国を巡られて尽きせぬ想い出の光景もいっぱい眼に焼き付けられて来られた事でしょう・・・!
 私など仕事から離れて後は一度も海外の地には足を着けていませんで、これまで廻った国々もすっかり忘却の彼方へ・・・・?
元来、私は洋食があまり好きではないのですよ、何と云っても和食党です。(笑) いつ頃からか肉は好きになり、焼き肉屋へも好く行きますがね!(^^;) やはり何と云っても、お米とみそ汁と漬物ですかね!! 先日の秩父路の春の例大祭、中々良かったですよ。 山車の先頭に立つ男性陣の顔は化粧してまして、掛け声などは、京都の祇園祭に近いものが感じられました。 いずれ又ブログ上に載せますので!! もうお彼岸の入りとなりましたね~・・・そんなことで!!

写真が溜まるばかりで

悠久のBOHEMIAN さん
写真撮り過ぎてブログ更新がままなりませんが、バルト三国はあと3編出します。
その間にリアルタイムで出したいものを挟みますので、お待たせいたしますがお待ちください。

秩父路の春の礼大祭をTVでみました。
行きたかったです。来年は絶対に行こうと思います。
ブログ楽しみにしております。
プロフィール

ゆめ子おばちゃま

Author:ゆめ子おばちゃま
水滴に映った花束

ホームページはこちらから

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR