名古屋の旅 ④有松

2018.01.24 (Wed)
1月3日  絞り染めの郷「有松」へ。
名古屋本線「名鉄名古屋」➡➡各停国府行き「有松」下車。

4P1038849.jpg

「有松」は東海道五十三次40番目の「鳴海宿」の傍にできた宿場町。
有松絞りは徳川時代初期、尾張藩の特産品として発展した。

2P1038822.jpg
200年の歴史を残した町並みが保存されている。

3P1038846.jpg
戸口に置かれていた。これ何というものだろう。

5DSC_0693.jpg
「有松・鳴海絞り会館」  この地独特の絞り文化の保存と発展のために建てられた。
数多くの作品展示見学を期待して行ったのだが、お正月休みだった。

6P1038825.jpg
「服部邸」 愛知県指定文化財。都市景観重要建築物
江戸末期の建造で広い大屋敷。このような豪商の建物が多く現存する。
町中お正月休みだったが、服部邸だけが有松絞りの展示販売をしていた。


7P1038840.jpg

有松絞り
江戸時代初期(1608年)に始められた。旅人が土産に買い求め名産品となり、尾張藩も保護し繁栄した。
北斎や広重の浮世絵にも描かれている。
400年の歴史を持つ伝統工芸は、90%のシェアを保っている。

9DSC_0697.jpg

10DSC_0698.jpg
ほれぼれするような作品ぞろい。みんな欲しくなったが、ガーゼのロング手拭を撮影時用に買った。

午前の観光を終え、この後「てんてこ祭」を見に行く。






スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yumekoobachama.blog.fc2.com/tb.php/244-f70bff16
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top