⑤八幡平自然歩き

2014.10.05 (Sun)
八幡平国立公園は、岩手山、焼山、秋田駒ケ岳の3火山地帯で、
高層湿原の中に、多くの高山植物が生育している。

歩き始めは、ゆるやかな「鏡沼」コースを進む
2_20141005095831981.jpg

DSC02092.jpg
名のとおり、湖面は静まり、紅葉を写しだしていた。

g1_201410050957578d2.jpg
厳しい環境の中で、800種もの高山植物が生育している。 キキョウが最盛期だった。

八幡平頂上 1613m
4_20141005103622362.jpg
ここが山頂なのだ。
アオモリトドマツの森の中で「見晴らし」がない。期待はずれ。
(展望は後述)

八幡沼
5_20141005095705925.jpg
最大の沼。
心地よい風に吹かれながら、陵雲荘へとなだらかに下る。

湿原の中へ
6_20141005095651b47.jpg

7_2014100509560237d.jpg
8_20141005095551075.jpg
9_201410050955396c4.jpg
木道や標識が整備されていて、体力がない者でも、安全に歩けるようになっている。
すれ違うハイカーが声かけ合って、なんとも清々しい気分。
4時間半歩いた。

12_20141005095519389.jpg
「タチキボウシ」 秋を謳歌している。


展望台
10_201410050955056bf.jpg
11_20141005095451c04.jpg
天気がよければ、こんな景色が展開しているのだが・・・

13_20141005095436240.jpg
この日は、雲が重く垂れこめていて、ビジターセンターが霞んで見えるだけだった。
気温13度で寒かった。
一番良い天気の日を選んだのだが、予報が外れた。
山の天気は難しい。

14_20141005095407a37.jpg
ホテルの心づくしの夕食。
5日間、珍しい山菜中心の手作り料理。
バラェティに富んだ献立を、細やかな心遣いで食べさせてくださった。
食事中のオーナーのお話もよかった。
御主人は、観光案内、奥様は献立の説明、従業員さんの明るい笑顔。
また来たいと思う 素晴らしい宿だった。

こうして、八幡平の旅は終わった。
今回もほんとうに良い旅だった。満足している。

まとめの言葉が、いつも同じになるけれど、これ以外にいいようがありません。
ほんとうに良い思い出がまたひとつ増えて、幸せです。      
                                                   




スポンサーサイト

トラックバックURL
http://yumekoobachama.blog.fc2.com/tb.php/77-62f0de6d
トラックバック
コメント
湯けむり、いいですね。見ているだけで体の中が浄化されるようです。湿原を歩く木道、大好きです。山菜中心の手作り料理も魅力です。今回も満足の旅で、おばちゃまの笑顔が見えるようです。ご紹介ありがとうございました。
なでしこ | 2014.10.12 10:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top