名古屋の旅 ④有松

2018.01.24 (Wed)
1月3日  絞り染めの郷「有松」へ。
名古屋本線「名鉄名古屋」➡➡各停国府行き「有松」下車。

4P1038849.jpg

「有松」は東海道五十三次40番目の「鳴海宿」の傍にできた宿場町。
有松絞りは徳川時代初期、尾張藩の特産品として発展した。

2P1038822.jpg
200年の歴史を残した町並みが保存されている。

3P1038846.jpg
戸口に置かれていた。これ何というものだろう。

5DSC_0693.jpg
「有松・鳴海絞り会館」  この地独特の絞り文化の保存と発展のために建てられた。
数多くの作品展示見学を期待して行ったのだが、お正月休みだった。

6P1038825.jpg
「服部邸」 愛知県指定文化財。都市景観重要建築物
江戸末期の建造で広い大屋敷。このような豪商の建物が多く現存する。
町中お正月休みだったが、服部邸だけが有松絞りの展示販売をしていた。


7P1038840.jpg

有松絞り
江戸時代初期(1608年)に始められた。旅人が土産に買い求め名産品となり、尾張藩も保護し繁栄した。
北斎や広重の浮世絵にも描かれている。
400年の歴史を持つ伝統工芸は、90%のシェアを保っている。

9DSC_0697.jpg

10DSC_0698.jpg
ほれぼれするような作品ぞろい。みんな欲しくなったが、ガーゼのロング手拭を撮影時用に買った。

午前の観光を終え、この後「てんてこ祭」を見に行く。







名古屋の旅 ①大晦日から元旦

2018.01.14 (Sun)
年末年始を名古屋の旅としました。
除夜はどこでどう過ごそうか。
除夜、初詣スポットには事欠かない中京地区ではあるが、ネット検索でユニークな企画を見つけました。

八事山興正寺(やごとさんこうしょうじ)の除夜

1.jpg

2.jpg

何がユニークかというと
八事山興正寺がいざなう年越しは、毎年恒例のベートーベンの「第九」から始まる。
12/31(日)22:30~、五重塔と大仏様の前で第九コンサートが熱演される。
コンサート後には「除夜の鐘」を突きに多くの参拝者が訪れる。

20180101192636c9a.jpg
仏教寺院の境内で、大仏様の前で、凍てつくような寒気の中、響き渡るコーラス・ベートーベン「第九」。
こんなユニークで素晴らしいコンサートを聴けて、厳かな年越しができてよかった。

ホテルに帰るとちょうど年が明けた。
すぐ寝て、4時45分目覚ましで起きた。初日の出を拝みに行く。
初日の出のスポットもたくさんあって迷ったけれど、ミットランドスクエア46階のスカイプロムナードに決めた。
地上220m、屋外型の展望施設、360度の眺望といったら最高でしょ。

DSC_0590[1]
5時44分  前売り入場券を買っておいたのですぐに入場できた。まだ夜景。
天井が抜けているのでとても寒い。

DSC_0610[1]
初日の出  予報では7時00分だったが、雲があったので7時04分だった。

4.jpg
7時14分 東側 豊田、ナゴヤドーム方面

DSC_0635[1]
北側 名古屋城、岐阜城方面

意義ある年越しと年明けでした。










みかん狩り 

2017.12.04 (Mon)
急に思いついて、みかん狩りに行きました。
JR武蔵野線で埼玉県を横断して約1時間乗車、三郷市の「豊田ミカン園」へ。
もぎ取りはもう終わっていたのですが、せっかくだからと庭の自家用の柑橘類をもがせてくださいました。

1PC038452.jpg

2PC038450.jpg

PC038475.jpg
これはデコポン

4PC038465.jpg
これはザボン

6PC038486.jpg
みかんの木よりずっと高いところで満開の「皇帝ダリア」

もぎたてのみかんはとてもいい香り、ジューシーで美味しかったです。

2017年12月3日撮影








back-to-top